FC2ブログ
topimage

2019-10

ことのはじまり 田沢湖・水沢温泉郷・盛岡 - 2018.09.02 Sun

まずは御礼からです

先日、このブログの数少ない読者のお一人で
いつもお気に掛けて頂いておりますたびいくひとさんが
僕たちの新たな旅立ちについてご自身のブログでご紹介下さいました

また、その記事の中でたびいくひとさんの素晴らしきお仲間の方々より
コメント欄を通じて励ましのお言葉を頂戴致しました

おかげさまで当ブログはもちろん
家内と並行して綴っているカフェ開業までの経過を記録中のブログ共々
それぞれ今までのアクセス数の記録をほぼ倍増する形で記録更新となりました

たびいくひとさん、そして素晴らしきお仲間の皆様
どんな言葉をもっても足りない想いではありますが
心より感謝申し上げます

皆様のご温情を糧にこれからも迷うことなくこの一本道を進んで参ります

本当にありがとうございました

そしてまた拙い記事を懲りずにUP致しますので宜しければ御笑納下さい


また少しではありますが現実が動きつつあり
まだ不確定要素はあるもの今日は引っ越しの日程を確定させ
若干の湯あたり感を携えつつも(笑)今日は

拙作の写真やお気に入りの作品を入れた額縁のヤニ落としや(笑)
IMG_0592 (1)_00001


思ったより早く活躍してもらうことになったオイルランタンの空焚きなど
IMG_0593 (1)_00001


僅かばかりではありますが引っ越しに向けての準備を進めました

さてその湯あたりの原因となった久しぶりの湯浴みについて今日は綴っておきます

8月31日(金)視察研修1日目
何度も何度も足を運び間取りや採寸なども進めてきましたが
やはり、いざ何かを動かそうとすると現地に行かないと見えてこない事の方が多く
準備にも手詰まり感が出始めていた朝

その停滞感を打破するべく
珍しく家内から湯浴み,,,もとい,,,盛岡方面への視察研修(笑)の提案があり
色んな意味を含めて僕もそれに乗っかり(笑)

いつもよりは遅めの9時半にはなりましたが自宅を後にしました

とは言え開業までの道程は長く想定外の出費も想定されるので
いつもの食べログを検索してのグルメ旅は封印し
家内が作ってくれたおにぎりと途中のコンビニでカップラーメンを購入しブランチとして
足早に盛岡方面へ車を走らせました

最初に向かった視察先は盛岡駅にほど近い厨房機器専門店の橋市さんです

10月に東京のセミナーに行ったときに浅草近くのかっぱ橋に行って
色々厨房機器を見定めて来ようと家内と話しておりましたが
橋市さんに行けば厨房機器はもとより
飲食店を運営するにあたり必要な物はすべて揃いそうだなと胸をなでおろし
車を秋田方面へと走らせました

次の視察先は田沢湖にある山のはちみつやさんです

何年か前に業務を拡張し石窯でピザを焼いているとのことでしたのでお邪魔しました

到着後早速ピザ窯ブースへ
IMG_0542 (1)_00001

IMG_0543 (1)_00001

石窯野郎たちの憧れの理想形のドーム型の窯の中に火がたなびいています!!
IMG_0544 (1)_00001

朝からブランチの味噌おにぎり一個しか食べていなかった家内は
空腹感に耐え切れずに無謀にもピザを注文,,,,(笑)

仕方なく焼きあがるまでお菓子の販売棟とはちみつの販売棟を視察
IMG_0548 (1)_00001

IMG_0546 (1)_00001

焼きあがったピザを手にイートインスペースでもあるロンドンバスへ
IMG_0550 (1)_00001

IMG_0552 (1)_01

なんだかんだ言いながらも焼き立てのもっちりカリカリのピザは僕が主導で完食(笑)
IMG_0553 (1)_00001

初めて自分の目で見た石窯とピザを焼く光景は
今後のお店の展開に向けての大きな大きな成果となりました

気が付けば3時少し前
丁度いい時間となったので今宵の宿、水沢温泉郷ホテルニュースカイさんにチェックイン

(普通、視察研修って夕方ギリギリまで行程入れね~か?,,,by久々登場の心の声さん(笑))



気を取り直して,,,(笑)
IMG_0566 (1)_00001


写真を取るのを失念しましたが今回のプランはいつもより若干狭めのツインの部屋でした

いつものエネルギー補給の後,,,,(笑)

禁断症状が出始めていたほど待ち焦がれていた白濁の硫黄泉へ!!(笑)
IMG_0555 (1)_00001

厳密に言えば湯船で動くと白濁する硫黄泉でしたが,,,,
IMG_0556 (1)_00001

盆地獄の疲れを吹き飛ばすには十分の高原の湯でした

湯上りに外を眺め

あの木の中に仲間の天狗いるんじゃない?と家内と談笑し

雨音が心地いい天狗森で視察研修一日目を終了しました

IMG_0563 (1)_00001

9月1日(土)視察研修2日目

目が覚めると昨日とは一転し雲の隙間からお日様が顔を覗かせていました
IMG_0565 (1)_00001

夕食同様、格安の湯治プランではありますが十分満足のいく朝食を終え
足早にチェックアウトしもう一度田沢湖に向かいます

今日最初の視察先は田沢湖畔にある田沢湖ハーブガーデン・ハートハーブさんです
IMG_0567 (1)_00001

このT字型ポールのラックいいなー 作って~!by家内  頑張ってみましゅ,,,,by僕
IMG_0569 (1)_00001

IMG_0574 (1)_00001

IMG_0575 (1)_00001

IMG_0576 (1)_00001

IMG_0577 (1)_00001

IMG_0578 (1)_00001

IMG_0580 (1)_00001

IMG_0582 (1)_00001

IMG_0584 (1)_00001

IMG_0585 (1)_00001

僕たちが移り住む場所は2200坪の敷地で現状8割くらいが山林となっていますが
現オーナーさんが残してくれるユンボと薪づくりを兼ねてチェーーンソーで開墾を進め
長期的になるかもしれませんが僕たちなりのガーデニングを施し
尚且つ、一棟からでいいので宿泊棟を設ける構想を進めており
その構想を固めて行く上でこちらは十分すぎるヒントを散りばめていました


次に向かったのは現実を進めるべく盛岡の東京インテリア家具さんです
IMG_0588 (1)_00001

お互い年老いた母親を当地に残し旅立つことになり
特に家内はある程度の割合で行き来することになるので今使っているベッドはこちらに残し
新たに向こうで使うベッドを買い求めることにしました

とは言え
繰り返し申し上げる通り限られた開業資金でやり繰りせねばならず

掘り出し品が無ければ”お値段以上”のところで購入予定でしたが
応対してくれた店員さんがものすごく好印象の方で
下見した時に見た”お値段以上”の所のボトムラインと変わらないレベルの価格帯で
僕たちに合ったフレームとマットの提案をして下さったためこちらで即決しました

配達は引っ越し予定の後になりそうですが
気候もイイ感じになって来たのでそれまでの何日かは予備で持ち込む布団を敷いて凌ぐつもりです

次の視察先は盛岡のチーズケーキの老舗チロルさんです
090813-3_00001.jpg

2人で別々のケーキセットを頼んで凌ごうかとも思いましたが
最低限食べてみたいチーズケーキは4種類,,,,,

結局ケーキセット2セット+単品2種といういかにも同業者視察っぽいオーダーで落ち着き(笑)

手前から看板商品のクリームチーズケーキ、抹茶チーズケーキ
季節限定ブルーベリーチーズケーキ、レアチーズケーキ
IMG_1111 (1)_00001

こちらはホットはサイフォン式で一杯ごとにミルで挽いてからサイフォンで淹れ
アイスは水出しで淹れているとのこと

何より余計な添加物や凝固剤を入れていないのか
フォークではなくスプーンでしか食べられない程のホロホロの生地の濃厚なチーズケーキはまさに絶品でした

若輩者ゆえ非常に勉強になりました

またお邪魔させていただきます


チロルさんの店内を見ていて
小さくてもいいから冷蔵のショーケースがあったらいいねと家内と話していたことを思い出し

急遽、次の視察先を中古厨房機器を全国規模のネットワークで展開するテンポスバスターズ盛岡店にしました
IMG_0589 (3)_00001

入店しサイズ的に導入が厳しいかと思っていた業務用冷凍冷蔵庫の前で思いを巡らせていると
人懐っこそうな店員さんが近寄って来て色々話し込むこととなりました

そして、素人目に厳しいかなと思っていた難点をその店員さんは10分もしないでクリアにしてくれました

あとで名刺を頂くと
その店員さんはその日から赴任した東京の秋葉原店から転勤してきた新任店長さんでした

家電量販店の店長をしていた自分のあの頃を少しだけ想い出し

必ずまた来ますからと新任店長さんに伝え

ひょんなことから始まった短くも濃厚な視察研修の行程を終えました



色々整理をしながら

心模様を整理しようと開いた吉田松陰の書の一文です


ことのはじまり

なんでも、
「最初の決心」というものが一番重要です。
これが、どこまでもついてまわるからです。

たとえば
名誉とか利益のためにはじめたことは、
やればやるほど欲が透けて見えてきてしまって
いくら豊富な知識とか、
すばらしい言葉で飾ってもごまかしきれなくなります。

夢をはじめるのに、大切なことは、
シンプルに、心の底から、
「この道をきわめたい」
と叫ぶことができるかどうか、それだけなんです。


いまやっていることはどうでしょうか。
「最初の決心」はどんなものでしたか。
たまには振り返ってみてはいかがでしょうか。

もしずれてきているのだとしたら、
勇気を出して、いまのうちに軌道修正しておきましょう。



今の僕は

ことのはじまりでありながら

いまやっていることを振り返るタイミングでもあるのかもしれません


壁を越え

壁を生むことをせず

自分を信じて

自信を力に変えて

この一本道を


そんな想いを改めて抱かせてくれた初秋の濃厚な視察研修旅行でした


DSC_04531_20180902192456812.jpg


人気ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサーサイト



終の棲家 - 2018.06.22 Fri

10か月ぶりの更新です((笑)

何から書けばいいんだか分からなくなるくらい
そしてハイスピードで現実が動き出しています

まずは前回記事の締めで書いた言葉を引用します

2017.8.21記事

全くの僕の私感ですし出来るかどうかの確約も微塵にもありませんが

僕が辿り着こうとしているのは自給自足と共存の世界なのかもしれません


田畑を耕し収穫を喜び自給に余るものを幾許かの生業とし

合間を縫って創造した自らの分身をそこに自然と集う人達に分け幾許かの生業とし

自然からのあらゆる恵みを享受し自らの中に蓄えた生のエネルギーを自然に帰し

何からも追われずそれを幾度となく繰り返す


甘えや弱さなど通用しない

それでもすべてを無言で許容してくれるモノたちとの共存


そんな夢物語に想いを馳せる盆地獄明けの連休の朝でした


盆地獄明け以降
遠野に移住する淡い願いを内に秘めながら何も進展がないまま冬を迎えました

そして年が明けて間もなくひょんなことから遠野移住の話が現実味を帯び始め
僕と家内は幾度となく遠野に通い物件探しをしました

決して近くない将来にはのんびり古民家カフェが出来るような物件を探し奔走しました

しかしまたひょんなことから現実が動き遠野移住の話は結局お蔵入りとなりました

長い冬が終わりを告げようとしていたころ
以前の記事に書いた田舎暮らし物件を取り扱っているふるさと情報館のサイトを見ると
ちょっと良さげだけど予算が折り合わなかったし
エリア的にも完全に圏外の物件が値下げされているのを見つけました

何もかもが想定外でしたがその物件で現在カフェが営まれているとのことでしたので
当面の目標が何もなくなった僕たちはまあ話のタネにでもと休日を利用して“そこ”に出掛けました


僕と家内が出逢って間もない頃から今に至るまで
いつか行けたらいいねと強く願いイメージしていた架空の場所があります

小鳥のさえずりで目を覚まして

楽しかったら笑って

夜は静寂の中で

星を見ながら眠りに就いて.....


何一つ期待もしないで訪れた“そこ”はまさにその場所でした

あまりにも忘れられず諦めきれず何かに強く惹かれ2度ほどお邪魔した頃
家内がダメもとで話したところ驚く程すんなりとスポンサーである義母から許可が下り
僕たちは即物件の内覧を申し込みました

内覧を終えオーナーさんと言葉を交わし
確信にも似た感覚を覚え僕たちはその場で購入の申し入れをしましたが
その日僕たちの後にも内覧希望の方がおりもしその方も当日中に購入意思を示された場合は
どちらと売買するかはオーナーさんが決めるとのことでした

結局その方もその場で購入の意志を示されたそうですが
先住のオーナーご夫妻は僕たちとの売買を選択されました

そして諸般の手続きを経て昨日正式に売買契約を取り交わしてきました

そしてまだまだ不確定要素は多々あるのですが
また来るであろう盆地獄を前に僕は今朝退職願をしたため
明日上司に渡す予定です

敷地全体図面 
2200坪の敷地面積のうち居宅スペースを除きほぼ山林の為
ストーブ用の薪の心配はなく思う存分ストーブライフを満喫できます
西側境界線沿いには小さなせせらぎがあり夏は蛍が飛来するそうです
IMG_0001_00002.jpg

建物図面
一階のリビングとサンルームとサンルームの先にあるウッドデッキは現況喫茶スペースとなっています
喫茶営業するにはキッチンが手狭なため一階北側洋室もデザートなどの仕込みスペースとなっています
浴室には大きな窓があり外を臨むと生い茂る木立が臨めます
2階の吹き抜け横の洋室は小さなリビングとして使われており
現在のオーナーご夫妻は毎晩のようにベランダで星を眺めておられるとのことです
IMG_00001_00002_01.jpg

母屋現況
画面右側の赤い屋根のところが玄関兼店舗入り口となっています
現オーナーさんはこの冬を越すわけではありませんが
僕たちを慮ってか薪を大量に仕込んで下さっております
IMG_0444.jpg

画面中央の赤い屋根の小屋は木工を嗜むオーナーさんの作業場となっており
いずれはここに焙煎スペースと石窯を投入する予定です
画面左側は納屋兼ガレージとなっており1階の居室スペースは現況木工品のギャラリースペースとなっています
このスペースをどう使うかは思案のしどころです
IMG_0455.jpg

セルフビルドの技術を持つ現オーナーさんは山林で在った当地に入植し開墾され
自らの手でこの3つの棟を立ち上げられました
写真右に見える赤い機械は除雪機で開墾に使われたユンボや刈払い機、チェーンソー
その上喫茶営業に関る厨房機器含めほぼすべてを譲渡下さるとのことです
IMG_0451.jpg

朴訥で妥協を許さないオーナーさん手作りの料理とスイーツです
7月は仕事の合間を縫って8月はフリーになる予定なのでガッチリ通って
山暮らしのノウハウ含め喫茶メニューのレシピや調理の段取りなどを
オーナーさんご夫妻から伝授いただく予定です
IMG_0909.jpg

IMG_0908.jpg

IMG_0886.jpg

IMG_0885.jpg

良く言われる言葉でどんなに苦しくとも何一つ無駄な事など無いと言います

面倒くさがりの僕は安息の中に居たら

普通にサラリーマンしてた方がラクなんじゃと立ち止まっていたかもしれませんし

今でもそんな感覚が表層に沸いてくることがあります

それでも今当たり前のように背中を押してくれるのは

どんなに大喧嘩を繰り返しても家内と持ち続けて来たそこへの想いと

強がってはいましたが

死を感じると言っても過言では無いくらいのジェットコースターのような

いつから始まったのかを憶えていないほどの試練の年月でした


大好きでこのブログにも何度も引用した吉田松陰の言葉

この命をどう使い切るか

ついに志を立てる時が来た


自分の中に在る神がくれたレモンをレモネードにすべく

与えられたこの新たな旅を歩んでいけたら

そう思って止まない初夏の夕暮れでした

DSC_10891_20180622175145cbd.jpg



人気ブログランキングへ


にほんブログ村

何もない場所へ 終の棲家へのあゆみ  - 2017.08.21 Mon

2か月ぶりの更新です(笑)

以前の記事に書いた通り、5月から新しい勤務先に変わった僕。
やっと慣れてきたかなと思い始めた7月の声を聞いたあたりから猛暑の影響もあり忙しさが増し
同僚が常々口にしていた盆地獄を迎えさぞや忙しいだろうと思っていた矢先
天候不順で担当している飲料の売り上げが一気に下がり

泊まりがけでの朝3時出勤等はあったものの
僕の初めてのスーパーの夏はあっさり終わりを迎えました。
IMG_0337.jpg

とは言え....
入社してから体重が8キロほど減り
繁忙期には一日の歩数が3万歩を越える程酷使した自分に御褒美をあげることと
たまたま家内が行きたがっていた盛岡の骨董市が第3日曜日の昨日開催されていたため
朝起きてから急に思い立ち盛岡に向かう事にしました。

当地は八月に入ってから毎日雨が降り続き何日もお日様を見ない日が続いていましたが
盛岡に入る頃には雲の隙間から青空が見える程の好天となりました。
IMG_0340.jpg

朝まで雨が降っていたせいか以前訪れた時よりも若干出店数は少ない印象を受けましたが
<掘り出し物って本当に掘り返さないと見つからないのよ!>との持論を持つ家内は(笑)
何点かのお気に入りの古布を見つける事が出来たようでした。
IMG_0342.jpg

IMG_0343.jpg

骨董市を後にし八幡平市へ向かいます。

僕が最近よく見ている古民家物件を多く掲載しているサイトで
掘り出し物を見つけていたため資金は全くないのですが(笑)現地確認へ....

ふるさと情報館 八幡平市 リフォーム済即入居可能、温泉付き分譲地住宅

結果は.....
簡単に見つけられただけに掘り出し物ではなかったようでした....(笑)

気を取り直して今日の僕の一番のお目当ての定宿へ向かいます。

何度も何度繰り返し訪れている松川温泉の松楓荘さんです。

すぐそばにある地熱発電所から立ち上る湯煙がこの温泉の力強さを物語ってくれています。
IMG_0346.jpg


松川温泉 松楓荘 URL http://www.hachimantaishi.com/~shofuso/

松楓荘さん過去記事
http://mitisirube2008.blog.fc2.com/blog-entry-85.html
http://mitisirube2008.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

訪問時は昼過ぎと言う事もあり駐車場はほぼ満車でしたが
思いのほか一番のお気に入りの岩風呂は先客がおらず前回の旅同様貸し切りで利用することが出来ました。
IMG_0345.jpg

諸般の事情で今回は宿泊することは叶いませんでしたが

首が引き千切れそうになるくらい後ろ髪を惹かれつつも

極上の湯を堪能した満足感を携え僕達は家路へと就きました


ここでお知らせです。

家内のお店が先日オープンしました!

とはいえまだNETでの仮想店舗ですが...(笑)

今はまだ家内のハンドメイドのアクセサリー関係のみですが
準備が整い次第、僕の自家焙煎コーヒーも間借りして営業する予定でおります(笑)

サイトには家内が最近再開したブログのリンクも貼ってありますので
よろしければ覗いて見ていただければ幸いです

ALL HAND MADE LEATHER FACTRY " kotoful " https://www.kotoful-web.com/


全くの僕の私感ですし出来るかどうかの確約も微塵にもありませんが

僕が辿り着こうとしているのは自給自足と共存の世界なのかもしれません


田畑を耕し収穫を喜び自給に余るものを幾許かの生業とし

合間を縫って創造した自らの分身をそこに自然と集う人達に分け幾許かの生業とし

自然からのあらゆる恵みを享受し自らの中に蓄えた生のエネルギーを自然に帰し

何からも追われずそれを幾度となく繰り返す


甘えや弱さなど通用しない

それでもすべてを無言で許容してくれるモノたちとの共存


そんな夢物語に想いを馳せる盆地獄明けの連休の朝でした


DSC001401_20170821102303735.jpg









人気ブログランキングへ


にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

cowkotone

Author:cowkotone
東北在住の旅と温泉をこの上なく愛するアラフィフ夫婦の日々の記録です。

写真を織り交ぜながら旅・温泉・趣味・食べ歩き・寺社仏閣巡り....etcについて、日々うつろう"記憶"を"記録"として綴っていきたいと思っています。

夫<cow>
会社員
趣味:酒と煙草と写真 時々料理

妻<kotone>
会社員
趣味:手芸・レザークラフト

休日は....
買い出しがてら食べ歩き(主にラーメンだが...)や日帰り温泉。気が向けばたまに寺社仏閣巡りも。

月イチで温泉旅行に出向くのが現在の目標。

以前、日本秘湯を守る会のスタンプ集めもしていたが、もうすぐというところで期限切れに。

現在再開のタイミングを模索中.....(笑)

でしたが

2014年8月ようやく再開しました(笑)

2015年5月より横浜在住となりました。

最新記事

カテゴリ

旅の記録 (40)
温泉・秘湯 (27)
ふたり旅 (13)
食べ歩き (5)
日々の生活 (31)
立ち寄り湯・日帰り温泉 (3)
男の手料理 (1)
日記・つぶやき (21)
写真・カメラ (7)
自戒 (4)
スローライフ (7)

ランキング

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスカウンター

アルバム

リンク

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

Moon Age

指南書

炭火自家焙煎グッズ

LeTAO

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: